サーキュラーエコノミーのためのエコデザインの取り組みを評価するための新指標「非サーキュラリティ」と「資源効率勘定」

サーキュラーエコノミーのためのエコデザインの取り組みを評価するための新指標「非サーキュラリティ」と「資源効率勘定」は2022年に New Indicators ‘Acircularity’ and ‘Resource Efficiency Account’ to Evaluate the Efforts of Eco-Design in Circular Economy として International Journal of Automation Technology に投稿されたサーキュラリティと資源効率の計量に関する論文です。
本文は New Indicators ‘Acircularity’ and ‘Resource Efficiency Account’ to Evaluate the Efforts of Eco-Design in Circular Economy (jst.go.jp) から入手できます。

英文ですので、訳を提示しておきます。

Loader Loading...
EAD Logo Taking too long?

Reload Reload document
| Open Open in new tab

なお、この計算は、新しく、使いやすく、高度循環の効果が表現できる資源効率インフォグラフィクス READ(Resource Efficiency Account Diagram) で実際に用いることができます。

 

最近の投稿

新着記事

CE(Circular Economy)は何を目指すのか

CE(Circular Economy)は何を目指すのか 2023年12月30日 ...

230705 無料 CEミニテクニカルプラットフォーム 手軽・安価にみんなで温室効果ガス計算を!(SCAT123plus)

手軽・安価にみんなで温室効果ガス計算を!(SCAT123plus) カーボンニュ ...

230614 日本各地の技術を、北欧で再製造の技術に進化させるには

無料CENo.4ミニ・テクニカル・プラットフォーム 【日時】2023年6月14日 ...

「サーキュラー・エコノミーの国際動向と素材・資源への影響」の特集記事

雑誌「金属」からの依頼で、「サーキュラー・エコノミーの国際動向と素材・資源への影 ...