211126 No.31 プラスチックのケミカルリサイクル

【日時】2021年11月26日(金)14:00-16:00 オンライン

 

【概要】
プラスチックのリサイクル手法として、ケミカルリサイクルは以前より行われておりましたが
「気候変動」対策のキーテクノロジーとして今まさに注目されています。
今回は、ケミカルリサイクル(CR)の過去から現在、未来に向けてのお話をお二人の講師から
ご講演頂きます。
林先生より、”実業”においてけん引されてきた高炉メーカーの取り組みをその歴史・経緯を
ひもときつつ語っていただきます。
加茂先生から、プラスチックの様々な循環手法の中からCRとは何なのか、その現況について
お話を頂きます。
その後のパネルディスカッション、放課後トークと合わせまして、会場の皆様方からの
活発な議論を楽しみにしております。

【アジェンダ】
1400 開会

1400-1410 挨拶と開催趣旨  福田隆 東港金属株式会社

1410-1455 ケミカルリサイクルことはじめ(鉄鋼のプラスチックリサイクルを振り返る)
林明夫 元JFE顧問、元経産省鉄鋼課長

1500-1545 プラスチック循環の中のケミカルリサイクルとその進捗
加茂徹 早稲田大学

1545-1630 パネルディスカッション (福田隆、林明夫、加茂徹、原田幸明)

1630-1700 放課後トーク と チャットを使ったオンライン名刺交換

【参加方法】
Peatix の チケット申し込みで 参加方法が皆様へメールされます。
メール文の下方の、イベント視聴をクリックすると、
下方に、Zoom および Youtube視聴の 情報URL が出ます。

【参加者】
会員、特別会員、ここ一年講師をお願いした方は、無料です。
本会は、会員限定です。入会ご希望の方のみ、特別に 2万円でご参加下さい。
メディア等の方は、非公開です。