2010希土類中国輸出規制の時系列

中国の希土類輸出規制を匂わせる発言で、2010年の希土類輸出規制がまた注目されていますが、希土類の専門家をはじめとする多くの識者が「尖閣漁船問題に端を発した」「資源の政治的利用」と発言しています。しかし、輸出入のデータを見ると、それ以前の2009末に、希土類金属の中国からの輸入はゼロとなり、化合物のすでに2011年以降と同じ水準になっています。 事実をふまえた発言が識者やメディアには求められます。

正確には「尖閣漁船問題に端を発した」のではなく、「中国のレアアース戦略で輸出規制をかけてきたタイミングで尖閣漁船問題が起き中国のレアアース戦略に政治的価値も加えられることを学ばせた」という言い方になるかと思います。

なお、金属はネオジム、サマリウムなど磁石材料、化合物はディスプレイ等高級研磨剤のセリア、LEDや蛍光灯につかう蛍光体のイットリウムやユーロピウムなどです。

(文責 原田)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする