マスバランス・アプローチ (暫定訳)

2020年12月18日

サーキュラーエコノミで、化学物質、プラスチック、合金などのリサイクルに関係する EMFのマスバランスアプローチ の暫定訳を行いました。
皆様のコメント、修正意見をお願いします。


 

マスバランスアプローチによる化学物質のサーキュラーエコノミー

CO.PROJECT MASS BALANCEホワイトペーパー

 

  1. はじめに – なぜマスバランスアプローチか? 6

1.1           化学とCE              6

1.2           化学工業における製造原理      7

1.3           化学物質・混合物のリサイクル        8

1.4           カストディ(管理)・チェイン・モデル             10

  1. 化学物質のマスバランスアプローチは、実際にどのように機能するか。15

2.1           化学製品の原料として再利用             15

2.2           特定の製品に「リサイクル率」をアロケーション・バランス                 16

2.3           マスバランシングにおけるアロケーション・ルール    17

2.4           アロケーション・ルールの実践的な記述        20

  1. バリューチェーン全体のニーズと配慮 21

3.1           プラスチック: そのよいスタート地点として  21

3.2           ゲームの推奨ルール             22

  1. マスバランスアプローチ標準化のための第一歩 23

4.1           標準とは何か、なぜ必要か。             23

4.2           どこから始めるか                 24

  1. 結論と勧告 25
  2. 付属書A:技術的詳細(Technical DeepDive) 26

6.1           背景        26

6.2           実際        27

6.3           川下企業への要求                 32

  1. 附属書B:規格の展開方法 33

用語集    34

エレン・マッカーサー財団について                 35

CE100について   35

共同事業(共同事業)について             35

 

要旨

製品とその主要な材料の循環経済を実現することは、一見複雑に見えるが達成可能である。 これに対して、添加剤、塗料、接着剤などとして現在使用されている数万種類の化合物を回収し、リサイクルのためにそれらを分離することは難しいように見える。しかし、経済的に意味のある解決策は存在する。 化学分野において循環経済を完全に実現するためには、新しいアプローチが必要である。 本書では、マスバランス法を用いて、リサイクルされた原料の新製品へのトレーサビリティを確保するための実行可能な一連のルールをどのように提供するかを探る。

化学業界では、少量の原材料または原料を用いて数万に上る製品を生産している。その多くは、非常に高い効率で稼働する「世界規模」のプラントで生産されている。 これらは、世界規模で2.5兆ドルを超える投資を行っている化学産業のバックボーンである。しかし、これまでのところ、業界では、生産された非消費型製品が使用された後、製品に戻し、それを生産に戻すことに熟練していない。主要な化学製品の現在のリサイクル率は非常に低く(たとえば、プラスチックの場合、世界的に9%)、循環経済を可能にするために、それらを生産システムに戻す方法を見つけることが急務である。

化学物質は複雑な組み合わせで使用されることが多いため、分離サイクルが可能なのはガラス、金属、一部のプラスチックなど一部の場合に限定される。 さらに、製品の流れを経済の流れで見たとき、多くの場合、追加の混合と汚染があるため、物理的および化学的に区別可能であっても、それらを分離することは現実的かつ経済的に実施困難であろう。 しかしながら、新しい製品の供給素材の一部として、そのような物質をより単純な化学物質に分解して用いることは、循環経済の一つの可能性を示すものである。

化学プロセスを利用して、混合、希釈、または少量の物質をバリューチェーンに戻すことはある可能性をもたらすが、同時に避けられない制約もある。 化学分野におけるこのような「ケミカルリサイクル」テクノロジーの可能性としては、機械的プロセスのものとは対照的に、バージングレードの原料を生成することである。 ただし、投資の観点から法外なコストをかけないようにするために、これらのプロセスは既存の化学インフラストラクチャにプラグインする必要がある。したがって、リサイクルされた原料は、他の原材料から物理的に分離したフローには存在しないことになる。化学製品製造に必要なすべての材料を混合する必要があるため、リサイクルされた原料が最終的に製造フローのどこに到達するかを物理的に追跡することは不可能である。

マスバランス法は、複雑なバリューチェーンにおける材料フローを扱う場合によく知られているいくつかの材料管理アプローチの1つである。例えば森林管理協議会(FSC)あるいはBetter Cotton Initiative(BCI)などで、持続可能で責任ある調達に関連した確立されたプログラムとして使用されている。マスバランス法は、原則として、化学産業プラント周辺のリサイクルされた原料の流れを追跡しようとするときに、ケミカルリサイクルが直面する課題に取り組むのに適している。

マスバランスアプローチは、リサイクル可能なコンテンツをさまざまな製品に割り当てて、コンテンツを「リサイクル」として明記し、販売する。化学メーカーにとって、リサイクルされた原料は、製造フローに投入されるもう1つの原材料である。生産システムの内部では、他の多くのものと混ざり合い、変換されるが、製造プラントから出るリサイクルされたコンテンツの量は、変換効率と損失の物理的および化学的制約のもとで、製造フローに投入された量と同じである。

マスバランスアプローチが機能し、広く適用されるためには、計算と割り当てのルールの基礎が一般的に適用可能で堅牢であることが重要である。 化合物は、原子含有量が同じであっても、化学プロセスによって価値が異なるため、質量のみに基づくマスバランス法は、一部の特別な場合を除いてできない。 本書ではマスバランス法の計算の基礎として、化学価値に関連する特性、例えば「下限発熱量」(LHV)を使用することを提案している。マスバランス法を用いて広範囲のリサイクル材料のための柔軟で多用途市場での流通を可能にするには共通の割り当てルールが必要であり、さらにそれをグローバルなものにするためにはその割り当てやルールとそのガイドラインが国際的に認知される必要がある。

バージングレードの品質で認定リサイクル製品を販売できるようにするマスバランスアプローチは、バリューチェーンの材料および物質のすべてのユーザーにとって非常に価値がある。 化学的にリサイクルされた化学材料の開発を推進するには、川下の顧客からのリサイクルされた材料の需要が重要で、さらに、製品のリサイクルされたコンテンツのシェアを増やすことが、循環経済アプローチに移行するための重要な条件の1つとなる。

「リサイクルされた素材・製品」の流通が世間に受け入れられるためにはエンドユーザーにとって理解しやすく、またマスバランスアプローチによるリサイクルで高品質なものが得られるということを強調することが重要である。

マスバランス法による化学的リサイクル材料と機械的リサイクル材料との違いを明確にすることは特に重要であり、さらに、化学的リサイクル材料は、機械的リサイクル材の代替品ではなく、それを補完するものであるということは重要なポイントである。競合他社や同業他社と信頼性のある公平な取引を可能なものとするためには、バリューチェーンに沿って共通の標準プロトコルが整備される必要がある。

マスバランス法による化学的リサイクル材料の標準化は、確立された手法を用いることで初めて達成されることになる。 実用的な手法の確立には、必要な評価技術を開発し、実際の市場でのそれらの手法の有効性を実証するために、コンセンサス/コンセンサスなしの両プロセスを併用する必要がある。さらに同時に国際標準に関するより高いレベルの議論が行われることで不可欠である。

この白書の公開によって、プロジェクトの利害関係者は、マスバランスアプローチの標準策定フレームを提案することになる。彼らが提案する、明確であらかじめよく定義されたルールを兼ね備えたマスバランスアプローチこそが、今後このプロジェクトを促進するための重要なキーであると考えている。マスバランス法の具体的な策定フレーム内では1つ以上の標準化が進められるであろう。 このプロセスの次の重要なステップは、市場での適用範囲を広げ、調和させるために、標準化の開発に取り組む関係者の数を増やすことである。

1.1           化学とCE

CEの野心的な提案を実現するためには、あらゆる材料と物質を循環させる方法を見つける必要がある。結局のところ、CEにおいては、廃棄物という概念は存在しない。つまり、廃棄物概念では、高価値で大量の資産や材料(自動車、鉄鋼、建物など)が低価値のものになってしまうのを防ぐことでは不十分である。同じ原則がすべての物質に取り込まれた無数の化合物(物体の色を与えるもの、なめらかな表面仕上げや粗さ、製品寿命を延ばすための添加剤などがある)に適用されなければならない。

デザインによって再生可能な経済を目指すことは、身近な例で比較的直感的に感じる。 例えば、自動車を販売する代わりに、製造業者は、部品および材料の修理、分解、再製造およびリサイクルを最適化するように車両を設計し、さらに、サービスとしてモビリティを販売することを選択することができる。 プロセスと利害関係者の複雑なネットワークを伴わなければならないが、そのようなシステムがどのように機能するか、部品ごと、供給者ごとに部品ごと、あるいは製品とサービスの流れを追跡することは困難ではない。

一方、化学物質は別のストリーとなる。 金属、コンクリート、木材などで作られた製品には、個別のマテリアルフローを考案することができる。 (またはそれらの組み合わせで)化学物質は、一般に、他の物質への添加剤として少量存在し、多くの使用後の物質流の困難な複雑さを増大させる。 このような少量の物質を他の物質から抽出し分離することは非常に資源要求が大きくなり、本質的に非持続可能となる場合が多いと思われる。

持続不可能な数万種類の化学物質が商業的に使用されているため、分離してリサイクルできるシステムを設計することは明らかに不可能である。

しかし、化学物質は現代経済において極めて重要な役割を果たしており、それゆえ、化学物質を真にCEに移行させる方法を見つけることが極めて重要である。

難しいのは、どこで別々に(あるいは「閉ループ」) 価値獲得の観点から理にかなった材料または化学物質のリユースやリサイクルが行われているか、またどこで混合物質の流れを考慮した回収および再処理を行っているかを理解することである。 (例えば、プラスチック包装のためのリユースモデル、溶剤または潤滑剤の化学的リース)。化学品のCEの可能性を解き明かすためには、このようなケースに対処するために新しいアプローチが必要であることは明らかである。

このプロジェクトは、このようなアプローチがどのようなものであるかを扱うものである。 基本的な教科書の化学からさえ、化学経路が適切な量のエネルギーと共に供給される限り、すべての分子は基本的な構成要素を(再)組み合わせることによって、合成されたり、分解されたりすることができることがわかっている。 言い換えれば、すべての化学物質は、たとえそれらが大量に混合されたり汚染されたりしていても、より単純な構成要素に分解され、同じまたは異なる化学物質に再び生成される可能性がある。 この見識は、以下に述べる「原料リサイクル」の基礎となる。

そこでは、成分の混合物が分解され、新しい製品を製造するための化学プロセスに供給することができるより単純だが一般的な構成要素にされる。

しかし、いったん材料または化学物質がより単純な構成要素としてリサイクルされると、それは他起源の同一の構成要素と区別することができず、リサイクル原料のトレーサビリティに重要な課題となる。 たとえ化学品の混合物をよりシンプルな構成単位に分解し、化学品工場に投入することができたとしても、他方の端から出てくる製品がリサイクルされた成分を含んでいるか含まれていないかを確かめることはできない。

このため、本稿で提示する「マスバランス」アプローチは、化学工業の顧客がリサイクル化学物質を使用し、化学物質のリサイクルをスケールで機能させ、それによってCEへの移行に貢献できるようにさせるための重要なツールである。

1.2           化学工業における生産の原理

化学はある物質を別の物質に変換する科学である。 だから、それは私たちの周りのどこでも、宇宙のどこにでも、生きているすべての生物で機能しているのである。

化学工業は、熱力学の法則とともに、原子や分子の性質を利用して、現代の生命を支える無数の化合物や物質をつくっている。 複雑な生産ネットワークにおける比較的少数の構成要素を接合部、すなわち「骨格化学物質」(platform chemical)として使って

今日私たちが使用している膨大な種類の材料に原材料を変換するために、産業界は最適化されているのである。

典型的な構成要素の一例を図1に示す。 モノエチレングリコール(MEG)は、いくつかの原料(例えば、石油、天然ガス、石炭またはバイオマス)から得られ、最終的に使用される単純な分子である。あるいは、さまざまな用途1に使われている多くの異なる製品の前駆体である。

産業史を通して、骨格化学物質は、その豊富さと汎用性のために、石油、天然ガス、および(いくつかの)バイオマスのような少数の基礎原料から生まれるようになった。

化学的処理において 少数の原材料は、膨大な量(数百万トン)の「世界規模」の植物から、約2万種類の製品を製造する何千もの化学工場(ヨーロッパだけで)が使用する構成単位に変換される。 これらの製品は、大企業から小企業、新興企業まで、ヨーロッパで2万社以上の企業に食料を供給してる。

 たとえ同じ会社に属していなくても、異なる化学プラントは、パイプラインを通じて、または鉄道、道路、または水を結ぶ物流チェーンを通じて、物理的に互いに直接結びついていることが多い(物流システムは、相互連結性の一形態である)。 これにより、ある化学プロセスからの副生成物が、別の下流の化学プラントの出発物質となることが可能となる。 このような相互接続性は、産業の効率に寄与し、リサイクル原料の利用を増やすことを可能にする、原則として、良い出発点である。

前述したように、少数の基本原料は再生可能資源(例えば、バイオマス)から得られるが、再生原料からも得ることができる。 結局のところ、材料は同じ構成原子を共有している。 化学工業は非常に資産重視の世界であるため過去20年間、化学産業は2.7兆ユーロを超える資産を投資してきた。新しいインフラの開発とは対照的に、この既存のインフラを利用して、利用や再生可能・リサイクル可能な原料を拡大することが望ましい。

——————————-

  1. ケミカルリサイクルは、異なるリサイクルループによって達成できることを考慮することが重要である。 好ましい場合には、全分子を再利用することができる。 他の場合には、石油化学製品に混合される再生材料の完全な分解が必要である。 例えば、ポリアミドおよびポリエステルは、しばしば、それらをまず石油化学原料に分解するプロセスを経ることなくリサイクルすることもできる。

——————————-

1.3           化学物質・混合物のリサイクル

 

図2. CEシステム図(本白書で編集)

循環型経済への移行に際しては、すべての産業がかつて生産されていたものをサーキュラーな材料ループに(図2)取り戻すことにより良くなる必要がある。

リユース(修理の有無にかかわらず)、リファービッシュ、リマニュファクチャリングなどの内側ループは、より多くの価値を維持し、多くの製品や材料には不可能である。

内側ループが実現不可能な場合、材料を再び使用するために、異なるリサイクルループ、最も一般的には機械的リサイクルを使用することができる。 機械的リサイクルは、金属、ガラス、一部のプラスチックなどの多くの材料に適しており、良好な解決策である。特にヨーロッパでは、リサイクルインフラが比較的確立されており、高度な分離が可能である。 しかし、より複雑な材料や物質については、機械的リサイクルには限界がある。なぜなら、リサイクルは、高品質を達成するために、異なる材料を物理的に選別することに依存し、従って、それによりリサイクルの有用性を達成するからである。

多くの物質は、化学添加剤やプラスチック複合材料のように、他の物質と組み合わせて使用され、従って、互いに容易に分離することができない。 これは、機械的リサイクルルートを使用する場合、リサイクル材料中の不純物を生じ、従って、さらなる使用における材料品質を制限する。 さらに、製品がバリューチェーンを通過する際には、さらに混合や汚染が生じる。

材料が物理的、化学的に識別可能であっても、多くの材料を分離することは経済的に不可能になる。

回収システムと機械的リサイクルの限界により、主要な化学製品およびプラスチック製品のリサイクル率は非常に低い(例えば、プラスチックについては世界全体で9%)。 従って、それらを生産システムに戻し、資源効率の良い循環モデルに向かう方法を見つけることが急務である。

化学的プロセスを利用して、混合、希釈、または少量の原材料をバリューチェーンに戻すことは、探求する価値のある機会である。 「ケミカルリサイクル」(図3)は、低品位で混合された物質をリサイクル・ループに取り込む新たな経路を提供し、バージン・グレード2の新素材や化学薬品の原料として使われるシンプルな素材に分解する。 これがケミカルリサイクルとして、3.1節で詳しく説明するような、機械的リサイクルの貴重な補完物となる。

前述したように、ケミカルリサイクルを製造原料に導入する最も効率的な方法は、リサイクルを経済的に可能にするために、既存の化学資産ネットワークに供給することである。 したがって、一般的なケミカルリサイクルシステムを想定する場合、リサイクル原料が化学品製造複合体内の他の原料とブレンドされることを意味する。 連続的な化学プロセスでは、異なる原料を物理的に追跡することは不可能であり、それらは、プロセスの中で既に分子レベルで混合されている。 適切な量のリサイクル物質を適切に追跡し、説明することができるようにするためには、強固な連鎖管理法(robust chain of custody)が必要であ

—————————————————————

2 本稿は,異なるケミカルリサイクル技術を詳細に述べることを目的としたものではない。 参考として、読者は他の出版された資料、例えば、を参照されたい。 欧州委員会、プラスチックのCE-政策および資金調達の決定に情報を与えるための研究とイノベーションからの洞察、(2019)、クローズド・ループ・パートナー::  プラスチックのサーキュラー・サプライ・チェーンの加速(2019年)       

——————————————–

1.4           CHAIN OF CUSTODYモデル

「保管の連鎖」モデルは、様々な産業環境においてデザインされており、他の点ではサンプルの区別が困難な商品や材料の特性に関するバリューチェーン全体にわたる透明性と信頼性をつくっている。このようなプロパティ(特性)には、原産地、生産方法、原材料組成などがある。これにより、決まった供給における所望の成分の割合を知ることによって、エンドユーザーまたは顧客は、制御する能力(ability to control)を持たずに、より持続可能なソリューションを選択することができる。

表1に示し、図4に示すように、4つの連鎖カストディ・モデルがある。 彼らの共通の目的は、堅実な簿記を保証し、進行中のコンテンツ(例えば、「持続可能な」、「リサイクルされた」または「有機的」な定義による)と最終的な製品との関連性を確証することである。

それらは、物理的なものであれ管理的なものであれ、バランスをとるための一連のルール、及び、物質の流れ、それが隔離されているか否かにかかわらず、を保持する客観的な可能性と、当該リンクの本質において異なる。

アイデンティティ保存モデルは、希望する物品又は成分が個別に識別できる場合(例えば、食品の名称d’origine controree)にのみ適用可能である。 別個の原産地が集合体中で特定できないが、商品自体が定義された基準内で同等である場合(例えば、認証された有機食品)には、分離モデルが適用される。 分離モデルでは、異なる発生源からの物質は共通のカテゴリー内で混合することができるが、物質カテゴリーは物理的に分かれて保持される(すなわち、オーガニックと非オーガニックの比較。)

しかしながら、他の場合には、所望の供給源からの物品又は材料の量又は価値が低すぎて、別々に出荷、保管、処理されているかが、技術的プロセスによって区別ができない。 そこで、マスバランス・チェーン・カストディは、製造システムを通じて、対象範囲のコンテンツ(例えば、持続的に調達された木材繊維)の総量を追跡し、監査可能な簿記に基づいて、完成品にこのコンテンツを適切にアロケーションするように設計される。 資産保全の原則は、認証生産量の合計がオリジナル・インプットのその値を超えないように設定する。また、適切な変換ロス、および生産/組立比を考慮する。

ブッキングandクレームのモデルは、最終製品と認定供給品との間に物理的な関係がない場合に適用することができる。 例示的な例は、再生可能電力であり、ここでは、電力は、エネルギーが生産されたかに関係なく、スポット市場で取引され、エンドユーザーが購入した認証された「グリーン」電力が他の場所で生産されている可能性が高い。

信頼性を確保するためには、すべてのチェーン・カストディ・モデルが標準化され、できれば独立した第三者認証スキームが必要である。 この目的のために、どのような種類のクレームができるか、どのようなブランディングが使えるかを含めて、割当規則が定義され、認証プロセスが設定される必要がある。 製品連鎖管理に関する会社の主張は、環境宣言、および製品環境宣言に適用される認証に関するISO14020規格シリーズおよびすべての関連する国内規則に従ってなされるべきである。その場合、規制は、製品/供給品を認証するためのプロトコルと要件を定義し、製品に関して行われるクレームを定義する。また、認証を受けた第三者を認証機関として選定するための基準も定めている。

共通の基準では、サプライチェーンに沿った信頼性(reliability)と信頼(trust)を確保し、クレームが誤解を招かないようにするために、カストディ・システムのチェーンを第三者機関が自主的に検証または認証することができる。 第三者検証の選択は、チェーン・カストディ・モデルの使用と生産者が製品自体に関して、またはサプライチェーンにおけるグローバルな物質フローに関して、作りたいと望んでいるクレームの種類に依存している。 企業レベルでは、チェーンは例えば、CSR報告書の検証プロセスで、保管情報や関連するサプライ品証明書を審査員が審査することができる。

表1および表2に見られるように、いくつかのチェーン・カストディ・システムが作成され、特に農業慣行(フェアトレード、各種有機ラベル)、林業(FSC)、漁業(MSC)、再生可能エネルギー(グリーン電力証書)の分野で広く適用されている。

リサイクルされた基礎化学物質が化学プラントで他の原料と混合されることが予想される方法(1.2および1.3節で述べたように)を考えると、マスバランスアプローチは、新製品へのそれらのアロケーションを説明するのに最も適しているように思われる。

共通の基準を設ければ、サプライ・チェーンに沿った誤解を招くことはない信頼性と信頼性を確保し、クレームを確実にするために、カストディ・システムのチェーンを第三者機関が自主的に検証または認証することができる。

 第三者検証の選択は、マスバランスの利用と、生産者が製品自体に関して、またはサプライチェーンにおける世界的な物質フローに関して行うことを望む主張のタイプに依存する。 企業レベルでは、連鎖は例えば、CSR報告書の検証プロセスで、保管情報や関連するサプライ品証明書を審査員が審査することができる。

歴史的には、有機農業、フェアトレード、持続可能な食料生産のために、一連の管理システムが開発されてきた。

2015年、Arthur P. J. Mol and Peter Oosterveerは、農業・食料部門における現行のカストディ・システムの広範なインベントリーとそれに基づく原則を公表している(表2参照)。

 

—————————————–

3 カストディ・モデルと定義の連鎖-ISEAL Alliance 2016 9月 www.isealliance.org/sites/default/resource/2017-11/ISEAL_Chain_of_Custody_Models_Guidan

(2018年1月7日アクセス)

4 MOL, A. P. J. & OSTERVEER, P. 2015. 市場の認証、認証市場:世界の農業・食料バリューチェーンにおける持続可能性の追跡 持続可能性、7, 12258, doi:10.3390/su70912258

5資本と太字のXは市場の主要なシェアに使用され、xが小さい場合は使用される頻度が少ないことを意味する


 

2.1           化学製品のフィードストックとしてのリサイクル原料

第1章で述べたように、原料としての再生材の利用は、価値創造と化石資源の消費を切り離す絶好の機会である。 再生原料は、化学メーカーが生産に参入するもう一つの原料である。 リサイクル原料とバージン原料の両方を、同じネットワークの化学品生産工場に共供給することは、可能にする実用的な方法を提供している。

化学工業は循環型経済に移行し、他の産業のためのイネーブラーとなっている。 既存の連続運転蒸気クラッカーや合成ガス(一酸化炭素の混合ガス)に供給することにより化学的なバリューチェーンのすべてを手に入れることができ、同じ最終製品を最低限の先行投資で同じ品質レベルで製造することができる。

バイオベースの原料で示されているように、革新的で持続可能な原料資源のために既存の化学物質資産とインフラの相乗効果を収穫することは実際に実行可能である。 ここでは、バイオ原料を、生産チェーンの最初の段階で、従来の化石原料と混合し、正確なアカウンティングを通して、選定された製品に割り当てる。

方法:「バイオマスバランス製品」の顧客は、CO2e排出量の削減と化石資源の節約に貢献する(詳細はVCI 20176に記載)。 同様の理論的根拠は、再生原料についても当てはまる。 バランスをとることで、生産工場で使用されるリサイクル材の量を正確に把握することができ、また、製品の売却先へのアロケーション方法をトレーサビリティーで把握することができる。(図5)。

プラスチックのケミカルリサイクルの例を考えてみよう。 ポリエステルやポリアミドのようないくつかのポリマーは、好ましい反応条件下でそれらの構成モノマーに戻すことができる。 しかし、このような経路は、ポリエチレンおよびポリプロピレンのような他のポリマーには利用できない。 これら一般的なプラスチックは分解する必要があり、例えば、熱分解過程で、または合成ガスを介して、分子フラグメントに変換され、単純な炭化水素の液体混合物に変換される

 両方の変化において、固体プラスチック材料を油性液体に変換するために高温を使用するエネルギー集約的熱化学プロセスを使用する必要がある。 そして、ナフサの代わりに後者を使用することができ、例えば、蒸気クラッカーに混ぜて、化学的価値創造の汎用的なループを始めることで、今では真の循環的な材料ベースになっている。 (詳細は付録Aを参照)。

2.2           「リサイクルコンテンツ」の重点商品へのアロケーションのバランス

マスバランスアプローチの考え方は、バリューチェーンの開始時(インプット)に、再生原料が同量のバージン原料に置き換わるというものである。

入出力が一致するように製品(出力)に割り当てる。 計算の中でいくつかの境界条件を考慮することによって、バランシングの仕事が証明された信頼できる方法で満たされる限り、その間で起きていることはあまり意味がない。

  • まず、各製品(「リサイクルアロケーション」で選ばれた)について、化石原料の生産に必要な正確な量、すなわち、1トンの生産に何トンの原料が必要かを決定する必要がある。 異なる処方、収量、および損失を有する化学物質生産ネットワークの複雑な性質にもかかわらず、これは、従来の化石原料に対して一般的に行われている。
  • 第二に、ある量の化石原料を再生原料に置き換えることのできる再生原料の量を決定する必要がある。
  • 第三に、適切なバランスを取るためには、空間と時間のシステム境界を定義する必要がある。すなわち、生産資産の集合と、リサイクル原料が記帳された期間と、記帳された製品のリサイクルされた含有量が一致する必要がある期間である。

原則として、厳格な会計処理が保証されている場合、システム境界は幅広い方法で選択することができる。 生産システムが相互に接続されていなければ記帳とクレームの方式をとることになる。 厳格な資格要件が必要である。システム境界は、物理的に相互接続された生産を伴う統合された化学物質生産システムをカバーする必要がある。

同じ場所にある工場、またはパイプライン、船舶、列車、トラックなどの専用輸送システムによって一時的かつ物理的に相互接続された異なる場所にある工場。 これは、企業内、あるいは複数の企業グループ内。たとえ異なる国々であっても、1つの生産サイト内となりうる。

 多くのバリューチェーンは、本質的に、定義されたシステム境界外で生産される中間化学物質(例えば、競合する化学企業から供給される)に基づいて構築されている。 システム境界には、再生原料を選択された製品に変換するために必要なすべての資産が含まれるべきである(図6)。

またできるならば、物理的に相互接続されていない別個の化学的生産システムを含むべきではない。

システム境界には、定義された記帳期間、すなわち、属性品質(入荷および出荷)を有するすべての材料流れが一致するタイムスパンを含める必要がある。 ほとんどの場合、毎年のバランシングは実用的で十分である。 エネルギーとしてではなく、生産のための原料として使用される原材料のみが、マスバランス7でのアロケーションに考慮されるべきである。

————————————————–

VCI (2017) 物質収支アプローチを適用した化学工業における再生可能原料の利用。 しかし、Carbon-14法を用いてバイオベースの含有量を正確に測定することも可能である。 この事実は、実際の(測定可能な)量がアロケーションされた量と異なる可能性があるため、バイオベースの含有量を製品にアロケーションするためにマスバランスアプローチを用いることの難題を生んでいる。 このような不一致をどのように解決するかについては、現在も議論が続いている。 本論文では、化学物質のリサイクルのためのマスバランスアプローチの使用を取り扱い、バイオベース含有量の最良の測定と主張の方法を深めることはないであろう。

————————————

2.3           MASS BALANCINGのアロケーションルール

化学製品製造では、最終製品に反応する種々の原料は化学合成に対して異なる値を有する。 変化する物質を比較するためには、変換係数が必要である。一種の「化学的価値」が必要となる。 異なる原料を定量化し、比較するための異なるアプローチがある。 :質量アロケーション、炭素計数、または正味発熱量としても知られる低位発熱量(LHV)8などである。

プラスチック廃棄物の組成と、置き換え予定の化石原料と標的製品の両方からの乖離は、バランスをとる上で会計上の課題を導入する。化石原料は主に炭素原子と水素原子からなる。 化学製品(組成のいかんを問わない。)は石油化学原料に戻される。

 プラスチックのようなケミカルリサイクルのための対象範囲としての多くの廃棄物にはしばしば「バラスト」として、リサイクル含有量の基準としてカウントされるべきでない追加の化学種を導入することがある。 例は、酸素、窒素、塩素含有量、または塩、鉱物充填剤、またはガラス繊維のような無機物である。

適切なバランスをとるためには、リサイクルされるべき含有量をカウントし、リサイクルされていない「バラスト」を無視する信頼できる手順が必要である。 実質的に同一の組成の2つの原料を比較する場合、単純な秤量は実用的であり、質量バランスは十分である(例えば、バイオメタノールと化石系メタノールの比較)。 しかしながら、原材料の組成が異なる場合(例えば、ポリアミドとガラス繊維強化ポリアミドとの比較)、炭素含有量を決定し、カーボーン含有量など材料割合の追跡を尊重することが必要になる可能性がある。

原材料がさらに混合され、炭素、水素、酸素および窒素の可変フラクションを含む場合、例えば、ポリオレフィン、ポリエステル、ポリアミドを含むプラスチック廃棄物、は、正味発熱量9を測定する方法が、リサイクルされたフィードストック10の「科学的価値」を決定するために必要であろう。

マスバランシングには、リサイクル量、希釈バラストの無視を反映した原料特性の厳密な適用が必要である。図7は、水素の「化学的価値」を見逃したり、酸素の「希釈効果」を無視したりするようなアロケーションルールを示している。

 

    結論は明白である。化石原料と再生原料の組成が実質的に同一である、非常に単純な原料システムでは、マスアロケーションまたは炭素カウンティングは、適切なバランシングアプローチとなり得る。 このような条件下では、より精巧なLHV法により、ほぼ同じ割り付け結果が得られる。

しかし、もし(おそらく現実の)複雑な廃棄物状況で採用されるならば、単純な秤量は不十分であり、最終的には、科学的に公正で頑健なバランシングアプローチ(詳細については付属書Aを参照)を不信感を与えるであろう。 したがって、マスアロケーションまたは炭素アロケーションは、特別な場合にのみ使用されるべきである。

炭素に基づくカウントでは、水素やアミンなどの化学合成のようなすべての非炭素中間体の役割に間違った評価を与える。 LHVによる計算は、実用的に好ましい選択肢である。


しかし、7. 燃料置換としての再生原料の使用は、廃棄物削減または回避のための他の循環スキームに適しているかもしれない。

8 多くのエネルギーを消費する世界規模の反応、例えば合成ガス生産の場合、LHVは値の代理変数である。水素は合成ガスプロセスにおける共供給として比較的高い値を有し、無炭素中間体であるが、そのLHVにより評価できる。 (この値は、マスアロケーションや炭素カウンティングを計算の根拠として選んだ場合には、誤って表現される)。 化学工業における原料の報告は、LHVを同等にするために、LHV単位で行われることが多い。

9LHVは十分に確立された測定値であり、天然ガスから石炭へのナフサ画分からの炭化水素供給、ならびにバイオガスまたは砂糖のような再生可能な原料を特徴付けることができる。 本質的な組成のばらつきにもかかわらず、リサイクル原料にも適用可能である。

分かりやすくするために、使用された電池材料がリサイクルされるべきであれば、リサイクル原料の「化学的価値」はリチウム、コバルトなどの金属元素を確実にミラーリングする必要    18

—————————————————–

適格クレジットトランスファー(QCT)の特別なケース

広く受け入れられている見解は、無制限の帳簿andクレームは許されないが、帳簿andクレームの連鎖管理を許さない理由については合意がないというものである。 透明性が低く、信頼性が低いと考える人もいる。 しかし、重要な代替チェーンofカストディ・モデルが必要であると考えられている。

マスバランス会計が、リサイクルされたマテリアル・クレジットを事前に定義されたシステム境界内で管理的に移転することができる一連のカストディ・モデルを含んでいる場合には、CEは大幅に加速され拡大されている。 クレジットを移転する能力がなければ、企業は材料の輸送(すなわち、サイト間で本質的に同一の材料を輸送すること)や、投資リターンのない重複資産の必要性において、困難な課題に直面することになる。

サイト間の適格な信用供与は、CEへの移行を加速させると同時に、意図しない結果や持続不可能な慣行へのインセンティブを防ぐのに役立つかもしれない。 例えば、サイト間で適格なクレジットを譲渡する能力がない場合、マスバランスシステムの境界を拡大するために、遠く離れたサイト間で材料を出荷することを望む企業もあるかもしれない。 システム境界を拡大するための出荷には、追加的な輸送が必要となるだけでなく、余剰な保管・製造資産の建設が必要となり、そのすべてに追加的な不必要な環境影響が生じる可能性がある。 これを図6bに示す。

システム境界の拡大に対する具体的な限界は、マルチ・ステークホルダーの標準開発プロセスの中で策定する必要があり、以下のような要件を含めることができる。

1) 物理的な接続性がない場合、クレジットは次のような要件のみを含めることができる。それは、LHV法など、それぞれの化学的価値について適正に評価された物質についてのみトランスファーすることである。

2)             各事業所は、統合マスバランスシステムに組み込まれ、同じ認証システムの下で認証される必要がある。

3) 事業所は同じ会社の管理下にある必要がある。 など。

現行の「マスバランス」認証システム(バイオ燃料認証から導き出される)では、化学品だけでなく、すべての産業に対して厳格な資格条件下での事業所間の信用トランスファーのためのオプションが利用可能である。QCTは無制限のBook & Claimから識別される。

 

2.4           アロケーションルールの具体的な説明

簡単なケースでは、「同種」11のリサイクル・ツインが利用可能である(例えば、バージンPE/PP/に代わるリサイクルPE/PP/PET)。 マス・オン・マス・バランスが理解しやすく、フィード・イン・ポイントの適格な地理的柔軟性対生産現場、すなわち、リサイクル対象製品12のシステム境界について合意する必要があるだけである。

ルール1:「同種の」リサイクル化学物質を使用することにより、マス・オン・マス・バランスが可能である。

ルール2:システム境界を定義する必要がある。 マスバランスは、同じ会社の異なる場所(たとえ隣国でも)で行うことができる。

より頻繁には、化学物質およびポリマーは、生産ネットワークからいくつかの他の化学中間体から製造される。 また、マスバランス法により常に製造することができる。 規則1は、「同種の」リサイクル化学物質、ポリマー、またはALLの「同種の」中間体が入手可能な場合に適用される。この可能性は非常に低い! したがって、より多くの割り振りルールが必要となる。

ルール3:化学物質およびポリマーの原料需要は、すべての中間体を考慮してRMUs13で分析し、発現させることができる。 RMUの需要は、石油・天然ガスというすべての化学品の石油化学原料を反映している。

ルール4:広範囲の再生原料のための柔軟で汎用性のある市場を可能にし、国際レベルでうまく機能するために、RMUは化学的値を反映し、システム境界内で100%補償(マスバランス)を試みるべきである。

ルール5:システム境界は、企業の化学物質生産ネットワークを構成する。

例:1トンのポリアミドのリサイクルクレーム

オプションA: システム境界内で1トンのリサイクル・ツイン「同種」ポリアミドを使用。

オプションB: 1トンのポリアミドの値分析は、67.8GJに相当する原料要求量を示している。 再生フィードストック(e g. MxPオイル)品質:40GJ/トン: には リサイクル可能率100%の主張のために、システム境界内でリサイクル原料を1.7トンの供給が必要..

—————————————

11 それにもかかわらず、「同種」を定義するための11の基準が必要である。

12 リサイクル材含有率*を伴う製品 脚注:*マスバランスの適用

13RMU=原材料単位


 

3. 必要性と留意点 バリューチェーン全体から

本章では、バリューチェーン全体にマスバランス・アプローチを適用することで生じる機会と課題を考察する。なぜなら、循環型経済を実現するための重要な要素となりうるからである。
混合原料 消費者の期待に応える高品質な製品へのニーズ(製品の安全性、外観)を両立させ、廃棄物を最小限に抑え、資源を最大限に有効活用することが社会から期待されている。 まったく同じ生成物分子をつくることで、純粋製品とまったく同じプロセスで、まったく同じ資産で、これが達成可能であることが期待できる。
しかしながら、このようなアップサイドを実現するためには、社会的な努力とエネルギーが必要であることを明確に理解する必要がある。 一般市民に受け入れられるためには、追加的なエネルギーの必要性を確実にする必要がある。
温室効果ガス排出量の削減など、他の環境目標と矛盾しない。 したがって、循環的なバリューチェーンに沿ったすべての関係者は、好ましくは再生可能エネルギー源からのエネルギーを利用するよう奨励される必要があり、社会的または環境的な望ましくない悪影響によるマスバランスの利益を損なわないようにする必要がある。

3.1           プラスチック – 良いスタート地点か?

マスバランス・アプローチが規模で適用される重要な機会は、リサイクルされ、持続可能で循環型の資源に向けて意識的に動く主要な関係者の関心が高まっていることにある。特に、再生プラスチックを製品に組み込む際には、そうである。 このことは、次のことからも明らかである。それは「ニュープラスチックスエコノミー・グローバル・コミットメント14」への自発的参加者が増えていることである。 同様のイニシアティブが、欧州連合レベル(2018年の欧州プラスチック戦略)やフランスCEロードマップにおいても示されており、それらの第1の措置は「製品中のより多くの二次原材料の使用」である。

トレーサビリティ、妥当性確認、検収に関する適切な条件が満たされれば、マスバランスアプローチは可能である。リサイクル率の向上とプラスチック汚染を過去のものとするという課題に対処するための重要な手段の一つである。 機械的リサイクルは、以下の点で今日限界がある。

  • 特定の色や機械的性質など、新たな用途における技術的要件を満たすための課題。
  • 残存化学物質の存在の可能性を含め、廃棄物の発生源と含有量に関するトレーサビリティの欠如。
  • 食品接触包装など、いくつかの用途で機械的にリサイクルされたプラスチックを使用するための規制

これらの限界を考慮すると、物質収支アプローチは、再生原料からバージングレードのプラスチックを誘導することを可能にするため、重要なイネーブラーとなり得る。

より多くのリサイクルされた含有量を製品に含めることができることに加えて、下流の転換産業にとっての主な利点は、リサイクルされた材料がバージン材料と化学的に同一であるため、原料の技術的特性および認可は変更されず、下流の生産プロセスを異なるリサイクルされた原料に適合させる必要がないことである。 その結果、大量のバランスのとれた原料を使用して市販される製品は、追加の設計承認および品質管理なしに、バージン原料から作られる製品と同じ技術的特性を有するべきである。

それにもかかわらず、顧客がマスバランスの概念を受け入れることを保証するために、いくつかの注意点に取り組む必要がある。 顧客は、情報に基づいた選択を行い、競合他社と比較するために、コンセプトの背後にある真の付加価値を理解する必要がある。 顧客は、物理的にリサイクルされたプラスチックからバイオプラスチックまで、多くの「グリーン」オファーに直面しており、環境面でのメリットや影響について、簡単で分かりやすい説明が必要になる。そのためには、客へのクレームを的確に把握するとともに、確固たる基準を構築することが不可欠である。


14newplasticseconomy.org/projects/global-commit

—————————-

3.2           推奨されるゲームのルール

これらの考察に基づいて、本節では、標準化されたプロトコルの開発を導く最終目標として、リサイクル原料からの化学品生産にマスバランスを適用するための一連の「ルール」を提案する。

  • リサイクル原料物質収支の定義、計算および統合方法論のために、ISOのような国際規格を設定する必要がある。 物質収支アプローチによるケミカルリサイクルで得られた二次原料が、環境的にも社会的にも責任ある方法で生産され、バリューチェーンに有害物質を再導入しないことを証明するための規定を設ける必要がある。
  • この基準は、製品および用途に特化したリサイクル目標の達成に貢献するものとして、世界中で認識されていることが望ましい。

このアプローチが市場で確立されることを確実にするために、規制の枠組みを構築する必要がある。 クレームの説明は、マスバランスを用いる場合には、明確で、簡潔で、理解しやすく、かつ、独特である必要がある。

特に、マスバランスは、マテリアルフローにおけるリサイクル原料の有形のインプットに基づいており、相殺信用取引または無制限のBook&Clame連鎖として同化されるべきではない、ということは、常に明確であるべきである。 物理的な接続性がない場合、マルチステークホルダー認証システムによって確立された厳格な条件下では、企業のサイトマテリアルバランス間の適格な信用供与は受け入れられる。

  • 環境的・社会的便益は、例えば信頼性のあるライフサイクル分析によって裏付けられるなど、顧客にとっても透明であるべきである。
  • 顧客に対するクレームは、アプローチの信頼性にとっての中核である。 各市場/企業は、サプライヤーからの原料マスバランス認証以外に製品の認証が必要な場合、環境に関するISO14020規格シリーズに準拠して、マスバランスアプローチを企業または最終製品レベルの申告・適用規則に自由に組み込む必要がある。
  • ボリュームの統合の潜在的必要性を考慮して製造された製品における異なる質量バランスのとれた原料資源、原料資源並びに製品証明及びクレームを対象とする保管プログラムの拡大連鎖は、適切なアロケーション手順に依存している。 いくつかの再生原料が1つの製品に統合される場合、製造業者は異なる供給業者および異なるカストディ・プログラム・チェーンからの数量を統合しなければならない。

技術的な観点からは、マスバランスアプローチは、既存の生産プラントとバリューチェーンにおけるリサイクル(および再生可能)材料の統合を可能にし、それらの利用を拡大し、資源不足を緩和する。 それでもなお、化学物質リサイクルの環境および気候への影響は、この経路がGHG排出量およびその他のライフサイクルへの影響に関して、実際に持続可能な代替手段であることを保証するために、商業レベルにまで拡大した技術と同様に、綿密にモニタリングする必要がある15。

—————————————-

本白書の執筆時点では、この点はまだ十分に証明されていない。

———————————————

4.1           標準とは何か、なぜ必要とされるのか。

標準は、通常、製品、プロセスまたはサービスに関する合意された一連の規則を標準化する文書である。 開発され、発行されると、品質または安全性の合意されたレベルの属性の正確な測定が可能となり、相互運用性や結果の共通理解を促進することができる。 それらの開発は、次の時点で開始することができる。

すなわち、グローバルレベル、国レベル、企業レベルなど、いくつかの異なる組織レベル(表3) どの組織が開始するか、開発プロセスは、標準化レベルに依存し、政府機関、認定された標準化団体、または普及を求めるイノベーターを含んでいる。

本稿で紹介するケミカルリサイクルのマスバランスアプローチは、規格の開発を通じて普及を加速・拡大できるイノベーションの一例である。

基準は、次の4つの主要な方法で機能する。

  • 基準への参加を増やすことは、市場の安定性、公平性、アクセスのための既知の要件を示すことができる。
  • 基準が測定境界と情報要件を規定できるので、監査を合理化する。
  • 基準が、一連の義務的または自主的なパフォーマンスレベルへの接着を明確にすることができるため、遵守を実証する。
  • 顧客と消費者に、与えられた文脈の中でのパフォーマンスを知らせ、不確実性を取り除くことで信頼を築き、それによって彼らが情報に基づいた購買決定を下すのを助ける。

4.2           どこから始めるか

リサイクル原料の基準は、すでに一般的であり、質量バランスのとれたリサイクル原料基準の良好な基礎となる。 しかし、物質収支アプローチに特有の要件がある。 そのような要件の選択された例には、次のものが含まれる。

  • co-feedとして使用される原材料の輸送物は、以下のような分離可能な原材料であることを証明しなければならない。

システムに入る前に、再利用または機械的リサイクルに使用可能な材料流から除去されている。

  • 物質がケミカルリサイクルシステムに入ると、指定された単位換算(例:単位換算)により、物質の質量がクレジットに変換される。 第2章で提案したLHV。 単位は、与えられたシステム内での変換に特有なものとすることができる。 ただし、システムでは複数のクレジット単位を使用することはできません。各システムでは、1つのクレジット単位のみが許可されます。
  • 接続されたシステムに入り(クレジット)、残り(デビット)する資料のみ

特に、リサイクル材料の性能に関する不確実性は、それらの市場への取り込みに対する重要な障壁となり得る。 基準は、リサイクル材が目的に合うという信頼を築くことで需要を喚起し、それが供給への刺激となる。

特定の再生材料が特定の目標に寄与しているという認識の不確実性もまた、需要を制約する可能性がある。基準はリサイクルされた属性や目標への貢献資格を見える化することで需要を喚起する。

プラスチックを代表例として、化学物質や複合材料のリサイクルを拡大する必要性とそうするための技術の進歩を考慮すると、、提供可能な標準化の利点を認識するマスバランスの基準を探索する好機である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変化や移動は、定義された境界内で、マスバランスのクレジットに含めることができる。

本稿では、標準化の基本となるいくつかの基本原則について概説する。 本白書を発表することにより、プロジェクトの利害関係者は、開発のための枠組みを提案した。

マスバランスが標準に近づく 他の利害関係者からのインプットと組み合わせると、これは、適切で認定された利害関係者によって開発された国内又は国際規格の基礎を形成することができる。

NENによって開始された正式な標準化プロセスが、ISOレベルISO/PC 308「Chain of Custody」16のChain of Custodyの分野で進行中であることに留意すべきである。

マスバランスアプローチについての基準の標準化は、この作業部会の文脈で取り上げることができる。 最近、ISO TC 323「CE」17が、CEの概念、定義、ツール及び測定基準を扱うために作成された。


16www.iso.org/committee/62669.html 17www.iso.org/committee/7203984.html


 

5. 結論と勧告

   主な結論

  1. ケミカルリサイクルは、CEを可能にするために、機械的リサイクルを補完する必要がある。特に、リサイクルが困難な化学物質や材料が埋め立て地に送られたり、エネルギー回収されたりしないようにするために必要である。
  2. 相互接続された化学物質生産ネットワークにマスバランスアプローチを適用し、リサイクルおよび再生可能な原料は透明性をもって追跡し、選択された製品に割り当てることができる。
  3. 物質収支アプローチは、化石原料に支配されている現在の大量生産プロセスのためのドロップインソリューションとしての再生原料の使用を加速することができる。

勧告

  1. ケミカルリサイクルを実現するためには、リサイクル・バリューチェーンの参加者間で価値を付加し、公平に共有することが不可欠です。
  2. ケミカルリサイクルがメカニカルリサイクル(リサイクルの補助ルートとして)と同じ方法でサポートされることを確実にするために、規制の枠組みまたは広く受け入れられている基準を準備する必要がある。 認証は、マスバランスアプローチの統一された使用を支持することができる。
  3. 新興のリサイクル技術としてのケミカルリサイクルは、経済的、環境的、社会的影響を最適化/バランスさせるために、ライフサイクルの観点から評価されるべきである。
  4. リサイクルアロケーション量のマスバランスは、直接アロケーションされたリサイクルアロケーション量と同等に扱われるべきである。

次のステップ

本論文では、マスバランスアプローチを標準化するための基礎として使用されるいくつかの基本原理を概説する。 この白書を発表することにより、プロジェクトの利害関係者は、このような標準化の枠組みを提案している。 リサイクル原料の利用を促進し、再資源化された製品を生産するための重要な手段として、明確かつ事前に定められたルールを持つマスバランスアプローチを採用している。

この作業を継続するには、いくつかの選択肢がある。

  • プライベートな格付け会社によるプライベート・スタンダードの策定の基礎として、ホワイト・ペーパーを使用する。
  • この資料を適合させて、既存の国内標準化機関又は望ましくは国際標準化機関のTCの1つ内に、新たな自主基準を作成する。
  • 政府機関からのマンデート作成支援

将来の循環的な経済規制の発展の文脈で、調和された標準システムの中で標準化を行うこと。

これらの異なるアプローチは、市場の需要によって駆動される任意の選択肢から、原則として広く実施される規制された枠組みまで、この作業の継続性と、市場および/または制度からの世界的な認識を確保するであろう。

フレームにコミットするために、1つ以上の標準を開発することができる。 このプロセスにおける次の重要なステップは、以下のような利害関係者の数を増やすことであろう。それは、市場でどのように適用すべきかについてのコンセンサスを広げるために、標準開発に取り組んでいる人々である。

6.付属書A 技術の深掘り
–マスバランスを活用したプラスチックのフィードストックリサイクル–

6.1           内容

リサイクル産業の分別工場では、機械的にリサイクルできない数百万トンの混合プラスチック(MxP)を生産している。 ここでは、化学産業の生産ネットワークがメカニカルリサイクルを拡大するための重要なソリューションとしてケミカルリサイクルを提供している。:MxPのフィードインポイント

既存の化学品製造インフラを活用することには、多くの利点がある。

  • フィードイン点は、化石原料と既存の最適化されたネットワークに統合されるため、規模と高い効率を与える。

すなわち、エネルギー効率、高い材料収率(変換係数)、低い生産廃棄物である。

  • フィードイン点は成熟した高機能製品(プラスチックなど)と結びついている。
  • MxPまたは誘導油を共供給することは、化石原料の節約につながり、これらの有限原料からのデカップリングを支持する。
  • MxPのco-feedは、前述の物質収支アプローチにおいて、持続可能なバイオマスのco-feedと同様に、かつ同時に行うことができる18。

このチャリンジは、単独のメカニカルリサイクルシステムを超えて、以下のような効率的なケミカルリサイクルのグローバルな標準化と実施に向けて考えることである。

本稿では、原料リサイクルと呼ぶMxPについて述べる。 機械的リサイクルは、コスト、廃棄物収集スキームのタイプ、リサイクル製品の品質およびそれらの潜在的な用途のようないくつかの要因によって制約される。

特に機械的なリサイクルは、ポリマーの劣化と毒性の懸念を伴うことがある。 しかし、一般的に一次ポリマーによって特徴づけられる1つの材料が、そのリサイクルtwin(同一の一次ポリマーであるが、同一の配合物ではない)によって置き換えられるので、機械的リサイクルは、容易に理解できる。 化学産業全体にも同じ考え方を適用する。これは、化学工業の100%をカバーする約2万のリサイクルプロセスを開発している20見込みのない将来への適用を意味する(図A1)。

対照的に、原料リサイクルとは、同じまたは別の化学物質を等価な原料価21でリサイクルすることによって、2万の化学物質のいずれかに対して等価な原料を置き換えることを意味する。

それはあらかじめ定義されたシステム境界内に それは、化学工業の100%をカバーする約2万のリサイクルプロセスの開発を必要としない。 フィードストックリサイクルと効果的な機械的リサイクルの組み合わせは、技術的品質を変えることなくリサイクルと廃棄物収集を促進する。

持続可能な開発の利益のための既存の解決策を 化学工業における原料リサイクルとは、2万種を超える物質の原料需要を評価し、化石原料を再生可能なものや再生利用されたものに置き換え、置き換えられた原料起源の化学物質への物理的な利用を割り当てることである。こうして、入力とのバランス出力を常に達成することができる。 メカニカルリサイクルの延長としての原料リサイクルの方法は、国際規格において透明性をもって記述されるべきである。 これは、多面的な問題への共通の対処を確実にするであろう。


 

18 REDcert2 化学工業におけるバイオマスバランス製品の使用に関するスキームの原則(www) 再生可能原料のトレーサビリティのためのRedcert_products/SP_RC²_org/products/V1.0.pdf TUV SUD, Mass Balance for the Traceable 原料のトレーサビリティ

19の原料リサイクルの例は、CEFIC, European Chemistry for Growth, ww.cefic.org/Documents/RESOURCES/Reports-and-Brochure/Energy-Roadmap- The 20Report-Euro

ヨーロッパでは、2020年までに約20,000物質が登録されている。 これらは、業界全体に関連するものである。それは、echaである。 Europa.eu/de/press/press-material/pr-for-reach-2018

21「等価原料価」とは、通常の化学原料のバスケットから採取される原料の量であり、ガス及び原油の蒸留生成物であるナフサ、LPG、ブタン等である。


 

6.2           ITが実践的にどのように機能するか

リサイクレートの評価-品質および品質

リサイクレートとは、従来の原料をco-feedで代替することである。 「原材料」という用語は、原料、投入材料、石油化学または化石資源のような同義語を有する。 ここでは、原油、ナフサ、メタンガスなど、化学的バリューチェーンの最初の石油化学物質と定義する。 その量は「トン」または他の測定単位(下記参照)で表すことができる。 「原材料」(原料)は、化学プロセスを駆動するために時折必要とされるエネルギー(例えば、熱)を包含しない。 エネルギーは本論文の範囲外である。 現在、無機物も同様に範囲外である(下記のコメント詳細を参照)

適格な原料は、バージンおよび有限性以外のもの、すなわち、リサイクル可能な、廃棄物ベースの、またはバイオベースのものであるべきである。 広く受け入れられている国際的なマルチ・ステークホルダー・ディスカッションからの適格原料の品質基準を含む基準は、提示された主張を裏付けるものでなければならない(c.f)。

第4章の例としては、法律に基づくスキームやラベル(例)がある。 RED、REDcert、ISCC、RSB 適格な原料の品質基準は、持続可能であると考えられるべきである。

適格な原料は、認証(certified)され、認定(accreditified)され、または上記基準による監査(auditing)された会社により登録された原料である。

多くの原料特性は環境または社会的影響に関係しているが、原料の化学分析では検出できないため、認証(certification)が推奨される。 認証は、原料起源が社会的及び環境的基準に違反しないという信頼を裏付けるのに役立つ。

温室効果ガス(GHG)削減量は、LCA手法を適用して、適格な原料を従来の化石原料と比較する場合に計算されるべきである22。 CEは、直線的なバリューチェーンと比較されるべきである。

どのプロセスにおいても適格な原料を適格な用途に適合させるために必要な変換工程及び影響を、直線的な方法で焼却または埋立と同様に含めなければならない。

実用的な観点から、事前に定義されたシステム境界内の適格な原料のトレーサビリティはフィードインポイントで、標準化されて測定単位23に変換することでより容易になる:
原料ユニット(RMU) RMUは、確立された予約システムにおいて追跡可能であり、生産プロセスに供給されるリサイクル可能な量の監査可能な尺度である。 製品の原料計算とは、1トンあたりの化石原料の必要量を把握し、それをRMU単位で表すことである。 製品の製造に2つまたは20種類の中間体が必要かどうかにかかわらず、最終的にはひとつ24の原料要求量が存在する。 この原料計算は、「リサイクル割当製品」(RAP)にリサイクル請求権25を申請するメーカーにとっての最初のステップである。

産業界の20,000物質のうち、いくつかの物質の原料ストック計算をデータベースに公開することができる。 しかし、多くの場合、製品1トン当たりの正確なRMU数は、製造業者の所有情報である。  それは審査員にとってはアクセス可能であるが、生産コスト構造を意味するので、競合他社に渡されるべきではない。


ISO 22040:2006およびISO 14044:2006のライフサイクルアセスメント基準およびISO 14045:2012 環境効率評価  27

—————————–

原料の仮想バスケット

再生可能資源、リサイクル可能資源、バイオマス、および原料リサイクルとのマスバランスアプローチでは、RAPの製造に必要な数十種類の中間体を、数十種類のバイオベースまたはリサイクルツインに置き換える必要はない。 RAPの総原料需要量を計算し、RAPの生産現場に接続されたシステム境界内の適格な原料(バイオベースまたはリサイクル)または中間体もしくは製品の等価量を導入することで十分である。

この原材料の仮想バスケット概念は以下を加速するための柔軟性の基本的要素を与える。加速されるのは、既存の環境におけるリサイクル材などの新たな注目される原材料の取り込みである。 どのリサイクル可能なインプットの価値も、フィードイン点での原材料の節約に依存している。異なる中間体の原料需要があるので、「等価」とは何かを標準化する必要がある。

個々の合成経路によって、またはより効率的でない合成経路によって、変化する可能性がある。 変換単位「kg」は、1つの中間体が同一の再生可能エネルギー(バイオベース、またはバイオベース)に置き換えられた場合、メカニカルリサイクルでは円滑に機能し、そこではリサイクル・ツインが望ましいが、原料のリサイクルには、他の変換ユニットが望ましい。

転換要因

もちろん、投入量(再資源化量)は質量単位(キログラム、トン…)で表すことができる。しばしば無価値な不純物も含んでいる、投入されたリサイクル原料の不均一な性質により、投入された原材料の価値を反映した尺度が必要である。 「質量」の次に「炭素原子数」又は「低位発熱量」が候補となる

「化学的価値」についての下部加熱値(LHV26)表示

これは、いくつかの理由から好ましい変換単位である。

  • 合成ガスのような基本的な化学プロセスにおける多くの原料の収率(したがって価値)は本質的に入力の低い発熱量に依存する。 例えば、ガス化された木材チップ1トン当たりの合成ガスの量は、石油化学的真空残渣1トン当たりよりもはるかに少ない。 したがって、1kgの真空残渣を置き換えたい場合は2kg以上の木屑が必要である。 この例は、グリーンウォッシングが回避されることを示している。
  • 水素は合成ガスプロセスにおける共供給として比較的高い値を有し、無炭素中間体であるが、そのLHVにより評価できる。
  • LCAのような有名な計算方法は、LHVに依存する。
  • 化学工業全体における原料の報告は、LHV27の単位で行われることが多く、これを他の産業と同等にする。
  • 混合リサイクルプラスチック(MxP)原料は一般にLHV28を特徴とする。
  • 多くの化学者にとって、いかなる「省資源」という主張も、LHVに基づく換算単位を必要とする。

  •  

 

 

23 CMS 71 Standard r 3.0, Introduction www.tuev-sued.de/images/uploads/1495499291781722020209/ zertifierungstandard-erneurbare-rohstoff

REDcert2規格v 1.0 第8.4章、www.redcert.org/images/SP_RC²_Biomass-balanced_products_V1.0.pdf

複数の合成経路がある場合、システム境界内で製品1トン当たりの平均原料需要をとることが一般的である。

25件の市場調査によれば、100%(完全)の請求権は、より少ないパーセントの請求権よりも多くの顧客によって優先されている。

26はジュール(J)または石油換算トン(つま先)で表し、同義語は正味発熱量。1キログラムのバイオメタン50メガジュールに相当する。 1キログラムのナフサは約44メガジュールに相当する。 

——————————————-

 化学的評価方法 例:ポリアミド

次の例(ポリアミド)は、物質収支がどのように化学的評価法に依存するかを示している(図A2)。 製造業者がポリアミド製品を製造すると仮定する。 ポリマーの製造には多数の中間体が必要であり、従って、製造業者が各中間体についてリサイクルされた双晶プロセスを確立することは考えにくい。 ポリアミドの合成経路を分析する代わりに、石油化学(化石)原料の量、例えば150kgを得、原料の平均組成は本例ではCH2,64である。 この数量は、世界のさまざまなメーカーでわずかに異なる可能性がある。

この例では、マスバランスをとるために、リサイクルされた原料をクラッカープラントと合成ガスプラントに混ぜ合わせて供給している。 ここでは、リサイクル可能な原料2種(50%)をクラッカーで共給し、50%を合成ガスプラントで共給したと仮定する。

リサイクル可能な物質の平均分子式はCH1.51O0.015であり、リサイクレイトの典型である。この化学式は、C,H,N,O…の各要素に関して化石原料(すなわちCH2,64)と同一であるとは考えにくい。したがって、バランスをとるための化学的評価法を選択しなければならない。バランスは置換された炭素原子の数であるか、重量であるか、LHV29であるか。 選択した方法は、リサイクル量が方法によって異なるので、トランスペアレントにしておく必要がある。

—————————————-

ヨーロッパの化学工業の年間原料需要は27EJと推定される。 図2-8はwww.cefic.org/Documents/RESOURCES/Reports-and-Brochure/Energy-Roadmap-The%20Report-European-chemistry-

例28:www.recilycing-kontor.kontor.wp-contents/uploads/2016/07/365-RKD-Produktspezifikation-Ersatzbrennnstoff-Vorprod

29 LHVは測定することができ、またはde.wikipedia.org/wiki/Heizwert LHVの公式を用いて近似することができる。

原材料の元素組成が分かれば、=32.8×m(C)+101.6×m(H)+6.3×m(N)となる。


 

有機と無機のマスバランスをとるためのアイデア

上述の物質収支アプローチは、本質的に炭化水素である石油化学(化石)原料に焦点を当てている。 一方、無機化学物質(水、空気、硫黄、アルミニウム、ガラス繊維、鉄など)のマスバランスアプローチ。 – 本稿では範囲外であるが、以下にいくつかの考察を示す。 有機物とは異なり、RMUとしてのLHVの使用は一般に無機物には有用ではない。 しかし、RMUはジュールやBTU以外の単位をとることができる。 無機物については、対象元素のモルまたは質量への変換を用いることができる。 例えば、電池に使用されている無機物、例えばマンガンを回収する場合、関心のある元素は、リサイクルの間に生成されるマンガン(III)酸化物または水酸化マンガンではなく、マンガンである。 系に入り、出るマンガンの量を追跡し、マンガンの酸化状態を無視することによって、電気化学的ポテンシャルの担体であるマンガンが適切に考慮される。

これには、有機物以外の材料系のために探索する必要がある異なるユニットのRMUを生み出し使った多くの他の変換システムがあるかもしれない。

多くのシステムで単一単位(ジュール)のみのシステムRMU、たとえば、質量(両方ではない)を、ダブルカウントを防ぐために使用する必要があるかもしれない。

SYSTEM境界

物質収支アプローチでは、まったく同じ容器内でのco-feedを強制する義務はない。 例えば、「質量バランスは厳密にサイトスペシフィックでなければならない」30ことが求められる。

一般的に、リサイクル(適格)および確立された材料のためのエントリーポイントの接続性31は、1つの生産サイトまたは接続されたサイト内で必要とされる。 原料や中間体を交換することにより、原料や中間体を交換することにより、異なるサイト間の接続性が確立される。

接続性に関する以下の基準が推奨される。

  • サイト内またはサイト間のパイプラインによる、またはサイト間の専用(定期的)輸送による、リサイクルされたインプット物質と「持続可能な」製品の物理的なつながり
  • リサイクルされたインプット分子が「持続可能な」製品に到達する確率または可能性。

システム境界内では、RMUは任意の製品に自由に割り当てることができる。 割り当てるRMUの数は、RAPの特定の原材料需要に依存する。 「厳密にサイト・スペシフィックな」マスバランス(=RMUのバランス)を確立するための追加の要求があるかもしれない。

各システム内で、RMUの境界バランシングは、マスバランスをとるために必要であり、バランスをとる期間eg暦年、を定義することが適切である。通常3カ月32を超える負のバランスを許さずにマスバランスをとることは一般的であり、適格な原料をRAPの製造前に使用すべきである。

——————————————————

30 ISCC PLUS, v 3.0, 2018年8月9日

31 妥当な地域的柔軟性(スコープ)に関する事前の透明性のあるコンセンサスが、議論を避けるために望ましい。    

—————————–

ダブルカウント

ダブルカウントは以下の方法で防止できる。「標準単位」 は、「廃プラスチック」由来の誘導体がリサイクル製品として販売されていない場合にのみ、原料投入時にRMUを発生させる。審査員は、フィードイン点を審査することができ、すなわち、「廃プラスチック」からの誘導体が物理的に使用されるプロセスであり、以下のことを証明することを求めなければならない。 それは「廃プラスチック」からの派生物は、第二の目的のためには販売されないことである。 次いで、RMUはフィードインポイントから接続されたシステム境界内の他のプロセスに転送される

再循環(割り当て済み)濃度

リサイクルアロケーション製品(RAP)の(アロケーションされた)集中(またはシェア)の概念は、難しい問題である。 (割り当てられた)濃度の定義と容認が必要である。

すなわち、「実濃度」(物理的または化学的手段で測定可能)と、100%アロケーションされた特性RAPを有する製品の(アロケーションされた)濃度(バリューチェーンへの影響を示す)との間の平坦な競争条件である。 (アロケーションされた)濃度の製品は、その用途の技術的特性において、従来の製品と区別がつかない。 しかし、それには資産、バリューチェーンに与える影響(バリューチェーン内でリサイクル可能なものを調達し、マテリアルに使用すること)で、監査人が検証可能なものがある。

ADVOCACY

化学工業で製造されたリサイクル割当製品(RAP)は、100%リサイクレート濃度含む製品として理解される。 その化石原料需要は、バリューチェーンにおける同等量のリサイクルによって補われている。 政治活動の焦点が、再生プラスチックの量を最大限にすることにある場合、機械的および化学的リサイクル、閉ループおよび拡大ループは、望ましくそして同等の結果をもたらす:100%機械的リサイクルプラスチックまたは化学的バリューチェーン内のRAPベースのプラスチック混合物(MxP)の使用に対する報酬を提供することは、同じ影響に報いる。

化学メーカーが、製品の化石原料の需要を、生産ネットワークにおける分配方法により、同量のリサイクル可能な量で完全に補償する場合、そのような製品は、明確にマークされるべきであり、その製品は、機械的にリサイクルされた材料のような報酬を受ける資格を有するべきである。

さらに下流では、生産者は機械的および化学的リサイクルからの材料と、さらにはリサイクルされていない発生源からの材料を組み合わせることができる。

製品名、サステナビリティクレームのルール

いかなる製品クレームも真実でなければならない。 ジレンマは、複雑な方法を、正の感情(e)を許容しながら、可能な限り簡潔に、真実的に、目的を欺くことなく、記述することである(33)。 例えば、bio) 真理が世界の持続可能な発展に役立つとき。

魅力的であるが十分に代表的な製品名とクレームを定義する政治的・法的支援は、リサイクル原料と適格なバイオマスを化学工業に導入するための最も有用な手段であろう。 しかし、他のクレームは、例えば、顧客よりも好ましい場合がある。

  • このRAPは、適格原料または先進原料のリサイクルを支援するか、またはこれに関与する。
  • 先進的な原料のリサイクルを伴う先進的な製品34。
  • 再資源化された製品(PARR)
  • リサイクルMB商品(マスバランスによる商品への再資源化物件)
  • リサイクル可能な製品*脚注:*マスバランスの適用

—————————————-

32  3ヶ月のマイナス株を認めることは一般的であるが、これは標準化委員会が決定するテーマである。

33 DIN EN ISO 14021は、環境ラベルおよび宣言に関するガイダンスを提供している。 rsb.org/12/18/wp-content/upload    

——————————–

バリューチェーン透明性

適格な原料のマスバランスをRAPの製造に適用する方法の信頼性を支持するために、より高いレベルの透明性が推奨される。 RAPメーカーは、適格な原料からRAPの生産現場までの一連の管理に背景情報を提供するインターネットウェブサイトを運営すべきである。

  • 原材料:原産地、適格理由、証明書、原材料投入プロセスの記述、GHG
    リニア・ベースラインと比較した節約、LCAと批判的レビューへの言及。
  • 中間体:トレーサビリティとスコープ、生産拠点名、対象範囲に含まれ、関連する理由。 RAPの製造に使用する中間体の例と換算単位、原材料標準単位による評価
  • 製品:市場に提供されるRAPのリスト(識別子、CAS)、使用されるクレーム
  • 保証、監査報告書、監査会社証明書

6.3           DOWNSTREAM企業の要件

製品を組み合わせて製造する川下企業は、機械的・化学的なリサイクルや、リサイクルされていない資源でさえ、それほど多くのエネルギーを必要としないことで化石資源を節約することを証明すべきである。

川下企業は、マスバランスを実行し、主張するための2つの選択肢を持っている。すなわち、重量ベースのマスバランスと、資源節約ベースのマスバランス35である。 結合された生成物のクレーム及び伝達は、選択に依存する。

システム境界間の移動は、移動した物質または材料の質量、質量によるリサイクル(割り当てられた)含有率により行うことができる。 もし複合体の合成が次の段階、すなわち第二の系境界内で行われるならば、それはRMUに変換され、さらにシステムを離れる場合はRAPに再変換される。

このようにして、複数のより小さなシステムが一緒にリンクされた大規模な統合システムにスケールアップすることができるユニットプロセスをセットアップすることができる。

ここでは、重量ベースのマスバランスの概要を説明する。つまり、複合製品に含まれる投入材料の重量比を決定する。 インプットとアウトプットのバランスは、プロセスに特化して行われる。

異なる生産ユニットまたは生産サイト間でのバランシングは許されない。 原材料を原材料単位(RMU)に変換する必要はない。 プロセス関連マスバランスについては、生産ベースのポスティング期間のみそれが許される。

—————————————-

35 REDcert2 化学工業におけるバイオマスバランス製品の使用のためのスキーム原理、第8.9章、ww.redcert.org/images/SP_RC²_Biomass-balanced_products_V1.0.pdf Resource-savings-based mass balance: プロセススパンニングバランスは、化石原料(RMU この目的のために、バランスは、複数の接続された生産ユニットおよびサイトを横断するシステム全体の境界内で作成することができる。 プロセス関連マスバランスとは対照的に、ここでのバランスはRMUに基づいている。 すべての投入材料を単位RMUに変換することは、それぞれの投入材料の生産に必要な化石原料の量に基づいて、中間生成物をRMUに変換することによって行われる。 認証されたRMU値が存在しない場合上流サプライヤーは、文献に記載され、技術的に実施されたプロセスに基づいて、必要な原材料(RMU)量を保守的に決定することができる。 バランシングは、通常1年間の予約期間内に行われる。 貸越残高の上限は3ヶ月であることが一般的である。

————————————-

7. 付属書B 企画の展開方法

基準の策定は、典型的には、規範的な要件を策定するために多様な利害関係者を結集するコンセンサス・プロセスである。 技術的要件を合意するための方法及び期間は、標準的な本体の性質又は範囲によって異なる(例示については表B1を参照のこと)。

国内基準または国際基準の開発を追求することは、長いプロセスとなり得る。 しかし、一部の認定された規格開発・認証機関は、新たな要件を策定し、パフォーマンスを認証するために、並行してコンセンサス/非コンセンサスのプロセスを使用している。 これにより、の間に市場での利用が可能になり、また正式な標準開発プロセスがすすんでおり、それにより、基準策定に役立つ実務経験の収集がすすむ利点がある。 したがって、このアプローチはまだ初期段階ではあるが、質量バランスのための予備的な認定基準を確立することが可能である。 これは、マスバランスアプローチが規模を拡大するにつれて、国内および国際的な基準の開発を加速させることができる。 このようなアプローチを図B1に示す。

用語集

ブッキング期間:定期的(例えば、1年)に実行されるシステム境界に出入りするRMUの調整。: :システムを離れるRMUからクレームされるRAPを生成するために十分な入力が利用可能であることを示さなければならない。

Chain-of-Custody:適格なインプット材料が、最終製品への移転・生産のすべての段階を通じた経路を文書化し、検証するシステム。 ここで、RMUは転送される。

等価原料価値:通常の原料バスケットから採取した原料の量:ガス及び原油の蒸留生成物であるナフサ、LPG、ブタン等 低位発熱量は、異なる原料資源の換算単位とする。

フィード・イン・ポイント:化学物質生産ネットワークに統合された化学プロセス。 フィードイン点は、システム境界の一部である。

原料リサイクル:原料または物質の化学構造を分解、ガス化または脱重合により変化させることによるモノマーへの転換または新原料の生産(エネルギー回収および焼却を除く)。36。

マスバランス:あらかじめ定義されたシステム境界内(下記参照)および所定の予約期間内(通常1年間)に、生産量(すなわち、リサイクルされた含有量を持つ製品)とインプット(すなわち、リサイクルされた原料の量)を一致させる方法。

機械的リサイクル:機械的なユニット操作のみを使用し、材料37の化学構造を著しく変化させることなく、廃棄物を二次原料または製品に加工すること。 例としては、プラスチックの機械的再処理および紙の再パルプ化が挙げられる。

RAP: recycling allocated product (マスバランスプロダクト) 物質収支アプローチで管理されるリサイクル、廃棄物ベース、またはバイオベースの発生源からのRMU(原料単位)のキャリアである製品。 また、質量収支アプローチを適用することによって、RAPを「リサイクルされた内容物を持つ製品」と呼ぶこともできる。

ケミカルリサイクル量=アロケーション量:質量比

マス・アロケーションand orクレジット制度に基づき、リサイクル材料の含有量/最終製品の質量のパーセンテージで定義する。

RMU:原料単位とは、化石原料の代替として、再生原料またはバイオ原料の量と価値を測定する単位である。

  • RMUは、リサイクルまたはバイオベースの原料が化石原料と共給されて化学品生産ユニットになると生成される。
  • RMUは、化学品生産ユニットのアウトプットが「リサイクルもしくバイオベース」として市販されている場合には、発生させてはならない。
  • RMUは監査可能な予約システムに保管される。
  • RMUはRAPの生成時に消費される。
  • 事業所・生産部門や社内のシステム境界内、および1年間のバランス期間内に、RMUバランスがマイナスにならないように設定する必要があります。

適格クレジット転送(QCT):

別々のサイトの質量バランスの間で、同じ種類の材料に関するRMU間のリサイクル指定クレジットの数量を移転すること。 このような帳簿記帳移転は、厳格な資格要件の下でのみ受け入れられる。

システム:リサイクル、廃棄物、または生物由来の材料が侵入し再資源化された製品に変換される、変換と輸送を結びつけるネットワーク。

システム境界:物質がシステムに出入りするポイント。 物質は境界でシステムに入るときにクレジットに、境界でシステムを離れるときにクレジットから割り当てられた質量に変換されます。 システム境界内に原産地を有する材料のみが、クレジットシステムからのリサイクルコンテンツクレジットの対象となる。

—————————————————

36ISO 15270:2008の定義

37 ISO 15270:2008の定義  34

————————————————–

エレンマッカーサー財団について

エレン・マッカーサー財団は、CEへの移行を加速させることを目的として、2010年に設立されました。 創設以来、この慈善事業は世界的な思考リーダーとして台頭し、CEを世界中の意思決定者の議題に据えています。 この慈善事業は、洞察と分析、ビジネス、制度・政府・都市、制度的イニシアティブ、循環型デザイン、学習、コミュニケーションの7つの主要分野に焦点を当てています。

同基金はナレッジ・パートナーズ(Arap、Dragon Rouge、IDEO、McKinsey & Company、SYSTEMIQ)やGlobal Partners(ダノン、Google、H&Mグループ、Intesa Sanpaolo、NIKE Inc.、Philips、ルノー、SC Johnson、Solvay、Unilever、Core Philanthropic Funders(SUN、MAVA、People’s Postcode Lottery(GB)のプレイヤー)、およびそのCE100ネットワーク(企業、大学、新興イノベーター、政府、都市、関連組織)ともに、より循環的なモデルの経済的機会を定量化し価値を獲得するためのアプローチの開発を進めています。

詳細情報: ellenmacarthurfound.org

CE100について

CE100は、企業が新たな機会を開発し、CEの野心をより早く実現することを可能にするために設立された、エレン・マッカーサー財団のプレコンベティティブのイノベーション・ネットワークです。 企業、政府、そしてユニークなマルチ・ステークホルダー・プラットフォームにおける都市、学術機関、新興イノベーター、関連会社 特に開発された要素は、メンバーがCEを取り巻く主要組織を学び、能力を構築し、ネットワークを構築し、協力支援しています。

共同プロジェクト(共同プロジェクト)について

Co.projectsは、CE100メンバー間の正式なプレコンベティティブ・コラボレーションの機会です。 メンバーが中心となり、研究イニシアチブからパイロットやツールキットに至るまで、メンバーに焦点を当てることができくす。 Co.projectsは、CE100ネットワークを活用し、一般的な機会を探求し、循環型経済への移行を行う組織が集合的に直面し、また、どの組織が個別に対応することができないかもしれず、CEへの移行で、どの組織が単独で対処することができないかもしれない課題を克服することを目的としております。