210909CE-MVC タクソノミーセミナーIII ―進化する欧州の取り組みとEUタクソノミーを巡る最新情報―

CE-MVC タクソノミー・セミナー Ⅲ

—進化する欧州の取り組みとEUタクソノミーを巡る最新情報 —-

【概要】
 気候危機に関する経済活動を活性化させるESG投資が今、急速に伸びています。投資の適格性を判断するために、個々の取り組みを科学的知見に基づいて峻別する「EUタクソノミー」の最新事情について、セミナー第三回では「タクソノミー法第8条を巡って求められる情報開示のあり方」および「原子力エネルギーの取り扱いに関する議論の進捗」を取り上げます。
 特に第8条は、民間企業がどのような情報を開示しなくてはならないかを定めた条項で、EUタクソノミーを活用した戦略構築を検討する上では必須の情報です。 
 今回のセミナーは、昨年の技術専門家グループによる最終報告書全訳以降、EUタクソノミーの動きを定点観測しているオフィス西田の西田純氏による第三回の報告となります。
 2050年カーボンニュートラルを目指す方々、SDGs達成のためにESG投資に注目している皆様には大変重要な情報が満載です。ぜひ多くの方がセミナーに参加され、事業戦略構築のためにご活用いただけることを期待しております。

                       記
【日時】2021年9月9日(木)14~16時オンライン

【プログラム】
14:00~14:30 挨拶 原田幸明 サーキュラーエコノミー&広域マルチバリュー循環研究会代表
14:30~15:15 EUタクソノミーを巡る最新情報 西田純  オフィス西田
15:15~16:00 ディスカッション、総合討議
16:00~     名刺交換および放課後トーク

【参加方法】
 チケットを購入すると、Peatixから、確認メールが届きます。
 メールのイベント視聴を押すと、画面下方に、Zoom および YouTube の お知らせが見れます。
【参加形態】ZOOM (定員80名) 双方向参加・交流ありYoutube聴講 (Live および当日中時差聴講)も可能です。
【参加費】3万円
サーキュラー・エコノミーー広域マルチバリュー循環研究会の会員、準会員、特別会員、特別認定者は無料です。