EUのSustainable Finance Taxonomy 法(2020/852) 暫定訳

EUのSustainable Finance Taxonomy 法(2020/852) 

経済活動が気候変動の緩和又は気候変動の適応に実質的に寄与すると認められる条件を決定し、かつ、経済活動が他の環境目的のいずれにも重大な損害をもたらさないか否かを決定するための技術的スクリーニング基準

の暫定訳です。カーボンニュートラルを目指す企業には必読の内容ですので、よい訳にしたく、皆様の意見を求めます。 なおサーキュラー・エコノミー&広域マルチバリュー循環研究会の会員準会員は会のIDと必要なpwdをいれてログインして開かれるとdownloadが出てきます。

法案本文

Loader Loading...
EAD Logo Taking too long?

Reload Reload document
| Open Open in new tab

付属書1 緩和

Loader Loading...
EAD Logo Taking too long?

Reload Reload document
| Open Open in new tab

付属書2 適応

Loader Loading...
EAD Logo Taking too long?

Reload Reload document
| Open Open in new tab

訳協力 合同会社 オフィス西田 環境ビジネスのグローバル戦略なら合同会社オフィス西田まで (officenishida.biz) (オフィス西田はサーキュラー・エコノミー&マルチバリュー循環研究会のメンバーです)

最近の投稿

新着記事

サーキュラーエコノミー&広域マルチバリュー循環2022

【題目】サーキュラーエコノミー&広域マルチバリュー循環研究会 2020年 ...

20220412 No.39 わが社のCE -CEを推進するための課題-

【概要】 サーキュラーエコノミー(CE)に関しましては、かなり国内各社で活動が進 ...

20220407 CE-MVC タクソノミーセミナーⅤ もう一度基礎から学ぶ、現業のためのEUタクソノミー

2月初めに気候変動・緩和策として原発と天然ガスを適格とする方針が示されて以降、E ...