コロナウィルスの検査数と陽性数の関係に変化が

コロナウィルスのPCR検査とその陽性数の関係が片対数でほぼリニアにプロットできるということを前の投稿で延べくしたが、ここ二日間で大きな変化が認められました。それが次の図です。

7日8日の検査結果はそれ以前のものより高い方向にシフトした位置にプロットされました。
これでは、もはや片対数の関係ではなく、両対数でプロットすべきではないかと思い、試してみたのが、次の図です。まだ確定手儀はありませんが、3月7日、3月8日の結果を入れてみると、両対数ブロットでのリニアな関係の方が妥当なような思えます。

なお、外国のデータとの関係はどうかと、ためしにイタリアのデータを入れてみました。ここ数日のデータの推移が非常に気になります。

2020.3.8 文責 原田

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ